Macを使って、Radiko を目覚ましアラームとして使う

Radikoで、目覚まし時計のように、時間になったら再生が始まり、
おやすみタイマーのように、時間になったら再生が止まる、そんな機能を作ってみました。

最近、スマホでラジオを聴く人のことを「スマラー」と呼ばれているのですが、
私も毎日ラジオを聴いている人間なので、スマラーに該当するのだと感じています。

Radikoというスマホアプリを使って、聴いているのですが、
毎朝、画面のロックを解除して、Radikoアプリを起動して、
聞きたい番組の再生ボタンを押すという動作がとても面倒だと感じていました。

目覚まし時計のように、時間になったら再生が始まり、
おやすみタイマーのように、時間になったら再生が止まる

そんな風にできたら楽だなあと思いましたので、作ってみました。

動作環境は、こちらです。

  • macOS High Sierra 10.13.3
  • php 7.1.7
  • Selenium Server Standalone 3.9.1
  • GoogleChrome 63.0

PC上での動作を想定しており、スマホやタブレット上では動作しないです。

処理の概要としては、以下のような感じです。

AutomatorとiCalを使って、時間になったらシェルスクリプトを実行する設定をしておきます。

時間で起動するシェルスクリプトでは、SeleniumServer起動を行い、
Radiko再生処理を行うPHPプログラムを実行します。
PHPプログラムでは、SeleniumServerを利用して、
Chromeブラウザ上でRadikoサイトに遷移し、再生ボタンをクリックします。
再生が開始され、指定時間が経つと、
Chromeブラウザを閉じ、SeleniumServerも終了させて、処理が終了します。

詳細は、プログラムソースと一緒にgithubにアップしていますので、
興味のある方は、ソースをダウンロードしていただけますと、嬉しいです。

Github ページ
https://github.com/nonoichi123/RadikoStarter

ちなみに、私は、MBSの子守さんの番組が大好きで、
いつも楽しく聴かせていただいています。

子森康範 朝からてんコモリ!
http://www.mbs1179.com/ko/

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*