フォーム自動生成モジュール「InfyOm Laravel Generator」を導入した

Laravelをベースとした、フォーム自動生成モジュール「InfyOm Laravel Generator」を試してみました。

このモジュールは、コマンドだけでフォーム作成作業に必要な
フォームプログラムファイル生成、DB生成、テストケース作成を行ってくれるものです。

今回は、セットアップまでをまとめました。

*composer やLaravelを理解している方向けに書いていますので、わからない方は質問してください。

Laravel インストール

Laravelの5.4系をインストールします。

InfyOm Laravel Generator セットアップ

必要なパッケージをインストールします。

*ターミナルまたはコマンドプロンプトを起動して、実行してください。
*$ で始まる部分は、入力コマンドです。

config/app.php のproviders、aliases 変数に以下の値を追記します。

app/Providers/RouteServiceProvider.php の mapApiRoutes ファンクションを変更します。

artisan コマンドを実行します。

データベース設定

SQLite データベースの設定をします。

ログイン認証機能有効化

Laravelに搭載されている、ログイン認証機能を有効にします。

表示確認

ローカルサーバを起動します。

ブラウザからアクセス確認を行います。
*正常にホーム画面が表示されたら、完了です。

 

参考リンク

http://labs.infyom.com/laravelgenerator/

http://labs.infyom.com/laravelgenerator/docs/5.4/introduction

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*